システム開発的雑記

ヒートマップツールPtengineをためしてみる

投稿日:2018年3月7日 更新日:

こんにちは、大野です。

弊社でホームページを作成されたお客様で、スタンダード以上のプランを契約されている方には、今まで、クリックマップという、ホームページのどこがクリックされているのか、また、どこまで(スクロール)見られているのかが、視覚的に確認できるツールを提供しておりました。

 

このクリックマップのサービスが3月末にサービス停止するとの連絡が提供元からありました。

突然のサービス停止で困惑しておりましたが、これに変わるサービスがないか探した結果、良さそうなサービスがいくつか見つかりました。

 

その中で、Ptengineというツールがあり、試してみることにしましたが、今回は、このPtengineを導入するにあたり、設定でいくつか注意点があったので、記事にしました。

Ptengine自体のサービス内容や、メリットなどは、簡単に書かせいただきますので、興味がある方は、こちらのページを見てみてください。

 

これを導入すると以下のようなクリックした箇所、スクロール到達率を見ることができます。

無題

Ptengineの良いところは、今までのものと違ってリアルタイムに見れるのが良いと思います。

見れるのはこれだけではなく、PV数や、訪問数は、もちろんのこと、アテンションヒートマップといって、ユーザーがページ内のどこをよく見るみているのかもわかります。

無題3

上図では、赤くなっているところが、ユーザーがスクロールをやめて滞在している箇所になります。

見ているだけでも面白いのですが、これを活用することで、ホームページの改善もかなり楽になりそうですね。

 

では、設定に関して注意点など。

Ptengineは、申込みから設置まで、凄く簡単なのですが、場合によっては動かないことがあります。

それは、ホームページに埋め込むコードの箇所と、ヒートマップを表示するページのURL設定です。

 

まず、Ptengineを使うためには、専用のコードをホームページに埋め込む必要があるのですが、説明では、<body>~</body>の間となっておりますが、終了タグ(</body>)の直前に埋め込んだ場合に、計測ができないときがありました。

その場合は、開始タグ(<body>)のすぐ下に埋め込むと良いです。

次に気をつけるのがURLの設定です。

無題4

通常は、ヒートマップを見たいページ(ここではTOPページ)を設定するのですが、ドメインの先頭にwwwがついているサイトで、wwwをつけても、つけなくても見れるサイトにおいては、ここでwwwをつけたURLを指定すると、ヒートマップの解析ができません。

ここ、すごくハマったので、wwwつきのサイトの方は参考にしてください。

 

ということで、今回はおしまいです。

機会があれば、他のヒートマップツールも紹介しますね。

では。

========================================

ホームページ、ちらし、看板などお店をPRしたいならアミテスへお問い合わせください!

https://amites.co.jp

キャプチャ

-システム開発的雑記
-,

執筆者:

関連記事

GoogleMap(グーグルマップ)の背景色を変更する。

こんにちは、大野です。 とある案件で、GoogleMapの背景色を変更しましたので、そのようなことがしたい方の参考になればと思い投稿させていただきました。 これもネットを探すと情報は出てくるのですが、 …

ヒートマップツールPtengineをためしてみる②

こんにちは、大野です。 以前にもあげたネタですが、思ったより記事へのアクセスが多かったので、もう少し掘り下げて書いてみたいと思います。 ちなみに、無料のfree版のPtengineのお話になります。 …

さくらインターネット+sshで文字化け対策

さてさて、ブログをはじめて3度目の投稿になります。 こんにちは。ダメダメ社長こと大野です(汗 今回は、さくらインターネットで、ssh接続した時に、日本語が文字化けする問題についての解決方法になります。 …

7月からHTTPSではないサイトで、「保護されていない通信」とブラウザで表示される

こんにちは、大野です。 6月も終盤ですね。 もうすぐに7月ですが、7月と言えば googleが以前からアナウンスしていましたが、非HTTPSのサイトを見ると「保護されていない通信」とブラウザに表示され …

さくらインターネットのスタンダードプランで既存wordpressをSSL対応する。

こんにちは大野です。 今回も悩めるWEB系のお仕事をされている方にお送りさせていただいております。 googleが常時SSL推奨するようになってから久しいですが、まだ対応に追われている方もけっこういる …